0コメント

シャルナーク・コルトピを考える









シャルナーク・コルトピ ヒソカ殺戮のパレードの最初の犠牲者達になってしまいました!


シャルナークはハンターライセンス保持者ということで、個人的には今後の活躍も期待していたんですが・・・


キメラアントの雑魚敵(操作系)との戦いが最後の活躍となったわけですね。



シャルナーク



【シャルナーク】

幻影旅団結成時からの初期メンバーの1人。 操作系念能力者
身長180cm、体重72kg、血液型O型。流星街出身。愛称は「シャル」。
知識が豊富で頭が切れる知性派。
旅団では主に情報処理と分析を担当している。
参謀的な存在で、クロロが不在の時は彼に代わって指示を出すこともある。



念能力
【携帯する他人の運命(ブラックボイス)】

オリジナルの携帯電話で他人を操ることが出来る。
付属のアンテナを他人の身体に刺す事が発動条件。刺された瞬間相手は無力化する。
アンテナが抜けるか操る相手が死なない限り能力は解除されない。
アンテナは2本ある。


【自動操作モード】

携帯電話に自分自身を操らせて戦う能力。
付属のアンテナを自分の体に刺すことで発動する。シャルナークのオーラの量が跳ね上がり、身体能力が格段に増す。髪がスーパーサイヤ人のように逆立つ。
アンテナが抜けるかケータイが認識した標的を始末するまで解除されない。
自動操作中は本人の意識はなく、戦いの記憶も残らないので達成感が得られない。また反動も大きく、解除後は体にかなりガタがくるので、この能力をあまり使いたがらない!







コルトピ



【コルトピ】

幻影旅団団員で愛称は「コル」。 具現化系念能力者。
頭全体を長髪が覆っているため、素顔は不明。髪の間からギョロっとした片目を覗かせている。
旅団内では最も小柄で、戦闘には向いていない。
支援要員としては非常に優秀で、ヨークシン編では競売品の複製、死体の偽装工作、アジトのダミーなど、
サポート役として活躍していた。



念能力
【神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)】

左手で触った物体の複製を右手で具現化する能力。コピーした贋作は作成から24時間後に消滅する。
生命体は、動かない物体(=死体)として複製される。
複製品はコルトピの円の役割があり、コルトピは複製品の正確な位置を知ることができる。









シャルナークとコルトピは旅団には欠かせない念能力者だとクロロ(団長)が語っていた。


【クロロ 対 ヒソカ】戦で、この二人は自らクロロに念能力を貸しだした。


・・・結果クロロはヒソカを殺し、勝利したのだが、


まさかのまさかの、死後強まる念の力によりヒソカが生き返ってしまう!


ヒソカは破壊された身体をバンジーガムとドッキリテクスチャーで見た目復活させ、


殺戮の行進(パレード)へと動き出した!





シャルナーク「コルトピ遅いなウンコか?」


シャルナークの携帯に着信が来る


ほぼ同時にトイレから姿を現すヒソカ、コルトピの生首を持っている


携帯を放り出しヒソカに向かうシャルナーク


コルトピの生首をその場に残し一瞬で姿を消すヒソカ


シャルナーク「コルトピ!!」


コルトピの生首を抱えるシャルナークに強烈なヒソカの一撃


・・・・・・・・・



公園のブランコの上に座らされ両手をブランコの鎖で拘束されたシャルナークの遺体にカラスが群がっているという衝撃のシーンが!!!




ヒソカ(あと10人……♪)









これで10本脚となってしまった幻影旅団!


続きが気になるけど暗黒大陸移動中かその後の展開でのバトルとなる模様。


とりあえず幻影旅団の生きてるメンバーは全員集合するみたいです。


はたしてどの王子?どのルート?で旅団は絡んでくるのか乞うご期待なのであります!!!


今後のヒソカの動向にも注目です。




と、今回はここまでということで!




またね。










この記事へのコメント